トップページ スタッフ 種苗生産の現場より
栽培漁業とは ご寄付・募金 賛助会員募集中
求人情報 お問い合わせ サイトマップ

神奈川県産マダカアワビ復活に向けて

    近年、マダカアワビの水揚げが激減しています。
そこで栽培協会では今、マダカアワビの種苗生産に力を入れています。

 実をいうと数年前まで種苗生産が思うようにいかず、
放流個数も少なくなっていたのです。
 そんなこともあって、現在は新たな飼育方法を試しています。

  波板飼育の時期を従来よりも数か月延長して、
 稚貝が大きくなるのを待ってから剥離することによって
 剥離後の斃死のリスクを減らしたり、
 屋内水槽でも従来の生簀網を用いたカゴ飼育をせずに、
 水槽の床に直接シェルターを置いて中間育成を行う
 「直飼育(じかしいく)」を行っています。
    この飼育方法を試行して丸2年ですが、
 1年目は、生産数こそ少なかったものの、
 歩留まりもよく、屋内水槽に収容してからの
 成長もとても順調でした。(右写真)
 2年目となる今年度は、生産数を上げるべく
 努力しています。

  今後、10万個、20万個と生産数を増やしていき、
 放流することによって、神奈川県産のマダカアワビ
 の復活に繋げていきたいと考えています。

(掲載日:2018.11.20)


公益財団法人 神奈川県栽培漁業協会
〒238-0237 神奈川県三浦市三崎町城ケ島養老子 Tel:046-882-6980 Fax:046-881-2233
E-mail:info@kanagawa-sfa.or.jp